遊仙峡を後にしたワタシは、
温泉に入る前に昼飯を食べることにした。

昼飯とは言いながらも、既に14時。
無性に蕎麦が食べたくなったので、この時間でも空いていそうな店を探す。
  
  
見つけたのが、ココ。
竹ふく というお店です。
  
SDIM0718.jpg

蕎麦粉は山形産の「でわかおり」を石臼挽きにしたもの。
ここに来るまで知らなかったのですが、山形も蕎麦処らしいのです。

客はワタシ一人。
平日の14時半では当たり前か。

季節のかわり蕎麦にも惹かれるが、初めての店は ざるかもりを頼むことにしている。
ランチセットという、かき揚げ付きのもりそばがあったので、それを注文する。
  
SDIM0721.jpg

味は良い。
だし、麺ともにけっこう主張しているが破綻はしていない。
結構レベル高いです。

お店によると、でわかおりという品種は、在来種に比べて
大粒で香り高く、なめらかな食味が出せるそうです。

だしも濃いめだが、塩辛さはない。むしろまろやかな感じがします。
かき揚げは、どこにでもあるような海老入りのもの。
サックリ揚がっていて美味い。
  
  
何気なく入った店ですが、、、
街中に こんな美味い蕎麦をす店があるなんて、
山形市民がうらやましく思いました。

山形県山形市上町2丁目3−1
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます