2018年9月6日14時ごろ撮影

久米島のはての浜? すげーな、行ってみるか
タンデムフライト? そんなのあるのか、やってみたいな
久米島でもできるの? ならやるしかないでしょう!

という、けっこう軽いノリで決まった今回の旅。
天候の関係で実現が危ぶまれましたが、滞在を延長して
この機会を掴みました。


久米島でパラグライダー体験

タンデムフライトとは、平たく言いうとパラグライダーの操作は
全てプロの人にお任せして、自分は離着陸の時だけ少し足を使う
という写真を撮るには最適なやり方です。

今回お世話になったのは、島で様々なアクティビティを
提供してくれる、ブルーフィールド久米島さん。


どんな感じで撮りたいかと聞かれたので、
はての浜を上から撮りたい!と伝えました。

いろいろ準備をしたり、説明を聞いたりして、いざ離陸!


久米島でパラグライダー体験


久米島でパラグライダー体験

まずは島の南端にある岬のあたりを飛びながら、
少しずつ高度を上げていきます。

このへんは岩場なので、少し高度感もあり怖かったのですが



久米島でパラグライダー体験


久米島でパラグライダー体験


久米島でパラグライダー体験

海の上に出ると全く気にならない!
ってか、綺麗、きれい、キレイ!!!

海岸から見る風景と全く違います。



久米島でパラグライダー体験


久米島でパラグライダー体験


久米島でパラグライダー体験

そこから更に高度を上げながら、イーフビーチ、奥武島
オーハ島、さらにははての浜へと近づいていきます。

どうしたらこんな色が出るんでしょうかね・・・。
ただただ圧巻です。


久米島でパラグライダー体験

雲底が目の高さになるまで上昇しました。
このあたりで高度500mだそうです。全く高度感が無い!


久米島でパラグライダー体験


久米島でパラグライダー体験

あとは重力に任せて少しずつ高度を下げていきます。
普段はあまりしない斜め構図なんかもやってみました。

今回知ったのは・・・雲って海に映り込むんですね。
いやもう、ほんと素晴らしい体験でした。


久米島でパラグライダー体験

そして着陸。
なんかもう、ずっと飛んでいたかった。


終わったあと、パイロットの人と話していて
よく観光写真で使われる、はての浜を上から撮った写真を
自分も撮りたいと話したところ、行けるそうです。

その場合、はての浜まで船で行って、そこから飛ぶのと
風の関係で高度を稼ぐのに時間がかかることを考えると
けっこうなお金がかかるようです。


島から戻ってきて2・3日考えましたが、
来年3月に挑戦することにしました。

今回、それなりに良い写真は撮れたと思うけど
やっぱりはての浜を上から撮りたいです。