6月27・28日撮影

前日昼に屋久島を去り、鹿児島港へ。
それからまたフェリーに乗ります。

このフェリーがまた快適で、甲板に出れば360度の水平線。
たまに見える奄美群島の島々がとても美しい。

サッカーのワールドカップ期間中だったので暇することなく
19時間の船旅を終えました。寝台にしたのも良かったと思います。




島では持参したテントで2泊しました。
本当は宿を取りたかったのですが、滞在期間中だけなぜか予約を取れず。

理由は島に来てからわかりました。
修学旅行生が来ていたんですね。これは仕方がない。


初日はロケハンだの何だので終わり。
使えそうな写真は一番上のやつだけです。



与論島,大金久海岸

翌朝。
テントの中にいても暑いので、早々に活動開始です。

まずは大金久海岸での日の出。
現像時にだいぶ色を加えました。実際は普通の日の出です(´・ω・`)



与論島,寺崎海岸

少し北上して寺崎海岸。
映画「めがね」のロケ地になったそうです。

入るのに少し分かりづらく、、、
船着き場の手前の茂みをくぐって行きます。


与論島,寺崎海岸

浜にはグンバイヒルガオが咲いていました。
8月上旬の花と聞いていましたが、この時期にも咲くんですね。           

美しいです。


与論島,寺崎海岸

波打ち際に近づいてみます。

ところどころにサンゴが打ち上げられていていますね。
与論島は珊瑚礁が隆起してできた島だそうです。



与論島,船倉海岸


与論島,船倉海岸

そこから少し南下して船倉海岸。
大金久海岸と繋がっており、どこが境い目なのかわかりませんが
美しい砂浜の海岸です。




与論島,寺崎海岸


与論島,寺崎海岸

朝食と休憩の後、再度寺崎海岸へ。
ここの風景がお気に入りで、滞在中何度も通いました。

雲も良い感じ。



お次は島の西側に移動します。

与論島,ヨロン駅

まずは観光名所「ヨロン駅」。

与論島にはもちろん鉄道は通っていませんが、
海を見渡せる高台に、ちょっとしたレールと車輪が置いてあります。

眼下に見える真っ白な砂浜に降りたいと思いましたが・・・
あいにく通行止めで行けませんでした。


与論島

そこから延びる遊歩道を歩きます。
ここから見える海が一番キレイだったと記憶しております。

天候に恵まれ、沖縄本島がハッキリと見えました。
与論島は鹿児島県の最南端。県境の島です。



さてさて、

与論島,パラダイスビーチ


与論島,パラダイスビーチ

ヨロン駅から見える海岸、直接は降りられませんでしたが、
地続きのパラダイスビーチには降りることができました!

一部に漂流物はありますが・・・海の透明度は島のどこよりも高く、
真っ白な海岸はまさにパラダイス!

周りには誰もおらずプライベート感満載です。
個人的にはここが一番気に入りました。



次回はこの度の最終目的地、百合が浜の紹介をします。