この日の予定をひととおり終えたワタシは
帰りがてら五所川原市の広田温泉に寄りました。

幹線道路から少し入った住宅街にあります。
趣きとしては、温泉と言うより町の銭湯です。




広い浴室の両側には洗い場があり、真ん中手前にあつ湯、
奥にぬる湯があります。まずは熱い方に入ってみる。

こちらはややぬるぬる感のあるお湯。
鉄分を含んでいるのか、やや黄色いです。

なかなかの泉質だと思いましたが、ここまでなら良泉止まり。
ここの凄さはぬる湯にあると思います。




最初こそひんやり感じますが、慣れてくるとなんとなくポカポカしてくる不思議。
泡もつくので別の源泉のように感じますが、そのあたりはよくわからない。

これは極上のお湯です。
あつ湯と交互に入ると更に良さが際立ちます。

銭湯感覚で入っている近所の方々が羨ましいです。

青森県五所川原市広田下り松111−1
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます