斉明天皇が入ったという歴史ある温泉。
最近改装があり古さと新しさが混じった温泉旅館です。

日帰り入浴は8時半から。開店直後から5人、しばらくすると10人近くに増える。
多くは地元の高齢者だが、ワタシのような旅行者のような感じの人もいる。
お遍路さんもいるのかな。



写真を撮るため一番に突入。
すぐに次の人が入ってきてこんなんしか撮れなかった。
まあワタシの方が白い目で見られる状況なのですぐに入浴へ切り替える。

温泉成分のため床はツルツルである。ほんとに滑る。
そして、なんの香りだろう。健康ランドとかでハーブ湯に入ったような、
少し鼻につく匂いがする。まあ、これはすぐ慣れる。

浴槽はふたつ。手前がぬるめ、奥が熱めとなっている。
ぬるめは3人も入れば限界なほど狭い。
サウナと水風呂が併設されており、いろんな楽しみ方ができる。

お湯は力強いが、トロトロしたやさしさも感じられる、かなり良いお湯。
今回は時間の関係で長居はできなかったが、宿泊して一晩中
何度もこのお湯を堪能してみたいと思った。



外には足湯カフェなるものがあった。
発想は悪くないと思うけど、この立地でそれはどうなのかと思った。

愛媛県西条市洲之内1193
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます