岩城島へ向かうフェリーは生口島の洲江港から出ている。
出港前にも関わらず、目指す岩城島は目の前にあり、そこに聳える積善山にはピンクの帯が
山頂に向かって延びている。

ああ、あれを撮りに来たんだな、と思っていると、あっという間に対岸の小漕港に着く。
まだ11時を過ぎたばかりで時間があるため、昼食をとることにした。


向かったのは島の反対側にある「民宿 よし正」。
昼はランチ、夜は居酒屋にもなるそうで、看板は
「食堂 よし正」になっている。

目の前の道路は車1台通るのがやっと。
駐車場まで行くのが大変です。


車を駐めた後、縄のれんが架かっていたため中に入ってみると、11時半からだよと言われた。

まあ15分くらい待つかと思い駐車場に戻るが、しばらくすると店の人がどうぞと言ってくれた。

まだ時間前だが入れてくれるらしい。ありがたい。




岩城島はレモンの栽培で有名だとの事。
そのレモンの絞りかすを豚の飼料にしている、その名もレモンポークを食べることが
できるらしい。

漁師から直接仕入れている魚を使った刺身定食も捨てがたいが、刺身は夜に食べるアテが
あったので、特上ロース焼き定食を頼むことに!



出てきた肉はとても柔らかくジューシー!
脂身たっぷりなのに、全くくどさが無くすいすい食べられる。

地元産のみかんとレモンも美味しい。
素晴らしい店です。

愛媛県越智郡上島町岩城1540
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます