DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

美ヶ原の雲海と有明の月

2010 年 10 月 23 日 06 : 40 カテゴリ:SD15, 風景写真 コメント 0
タグ: , , ,

23日朝、松本インター前の某漫喫で目を覚まし、外に出ると上空は曇っていた。
天気予報では朝から晴れ。山岳天気を見ても、山頂付近は晴れだった。

ハズレかなー、ガスの中かなー、上手く行けば雲海かなー、と思いつつ出発。
(天気図は見ていませんでしたw)

途中、通行止めによる遠回りを経て駐車場に到着すると・・・!
天頂にはオリオン座が。ちゃんと晴れています。
どうやら、雲の上まで来てしまったみたいです。

ここから王ヶ鼻までは15分くらい登る。
先端まで到達する頃には明るくなり始め、、、





前を見ても、後ろを見ても雲海です。
その奥には沈みかけの月が最後の光を放っています。

数年前から撮ろうと準備をしていたもののひとつに、有明の月があります。
2年前に撮った時は機材が足りず、小さい月しか撮れなかったのですが、
今回は400mmの望遠レンズに1.4倍のテレコンバーター、35mm換算1.7倍のセンサーで
950mm相当の望遠を実現。

事前に月の沈む方位と時間を調べると、美ヶ原から見た場合、ちょうど槍ヶ岳方面に
月が沈むことがわかったので、今回ここに来たのでした。
 
 
急いでレンズ交換。。。
月は秒単位で位置を変え、追うのが難しいです。そして、、、



事前の計算よりも、少し左にずれたけど、槍ヶ岳と有明の月を絡めることができた。
・・・もうちょい大きく月を撮るには、もっと望遠が必要か。。。
 
 
月はあっという間に沈んで行き、ほぼ同時刻に太陽が昇ってきます。

  



日が入ってくると、雲海が暴れ始めます。
崖の上からの撮影なので、けっこう怖いんですよね。。。





しばらく撮影していると、遠くから団体の声が。
案内人らしき男性の口調は聞き覚えがある。王ヶ頭ホテルの送迎バスの運転手だ。
あそこのホテルは、周辺の美味しい風景が見られるところまで乗せてくれるんです
よねー。時間的に朝食前だろうに、良いサービスしてますね。

しかし、あの時と変わらず、いつクレームが来てもおかしくなさそうな毒舌っぷり。
某きみまろが暴走したような感じだ。でも個人的には嫌いではないw

氏は、数日ぶりの晴れ、朝焼け、雲海、こういう日は滅多にない最高の日だと
言っていましたが、確かにその通り。長いこと撮影活動していますが、久々に
良いものを観ることができました。

36.227796,138.09763
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます

コメントを残す

Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer