DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

天童の蕎麦と わらび餅

2008 年 7 月 10 日 13 : 05 カテゴリ:食べるもの コメント 0
タグ: , , ,

SDIM0870.jpg

以前のエントリでも書きましたが、山形は蕎麦処。
あちこちに美味しいと評判の店があります。

山形最終日に訪れた、ここ吉里吉里(きりきり)もそのひとつ。

店は天童市にあります。
築100年を越えるという古民家を改装したような店内は、
外からやわらかい光が入って非常に落ち着きます。

カメラを持って入ると、「料理は撮影禁止です」と断られた。
まあ、蕎麦はゆでたてが一番なので、納得することにする。

そのかわり、、、最初に出されたお茶で、店内の雰囲気を感じてください。。。

SDIM0871.jpg

蕎麦は「ざるそば」と「ざいこそば」が盛られた二点盛りを注文。
ざるそばは色も味も濃厚。ざいこそばは色が薄く、ほのかに甘みがあります。

そば粉はここでも「でわかおりを」使用しているそうで、非常に香りが強い。
ともにすこし固めにゆでられています。

薬味はネギ・本わさび・大根おろし。
どれもよく合います。
  
  
器にもこだわっているようで、すごくキレイ。
急須は鉄瓶だし、味があって良い店です。
撮影できないのが本当に残念。

若い女性客が多かったのもうなずけます。
雰囲気良し、味良し、満足できました。

残念だったのは蕎麦湯が薄かったことくらい。
まあ、この辺は好みでしょう。超おすすめ店です。
  
  
SDIM0880.jpg

蕎麦を食べた後は、これも天童市にある甘味処、「腰掛庵 」へ。
わらび餅のほか、季節の和菓子が美味しいと有名なお店だそうです。
ここも、蔵を改装したような外観ですね。

ほぼ満席だったのですが、何とか座ることができ、早速わらび餅を注文。
本当は季節限定の「いちごわらび」を食べたかったのですが、
期間が終了しており断念。

他にも、かき氷やらどら焼きやら饅頭やら、非常に魅力的だったのですが、
蕎麦を食べたばかりだったので止めました。

SDIM0889.jpg

そのわらび餅ですが、、、
ものすごくぷるぷるで、楊枝が刺さらない。。。

きな粉は砂糖等を使っておらず、素直な味がします。
何よりぷるぷるの食感がたまりません。
非常に美味しいです。
  
  
次回は、もう少し早い時期に行って、ぜひ
いちごわらびを食べてみたいものです。


—————————————————————-

追記
いちごわらび食べました



あの人間将棋が行われる天童公園。
腰掛庵再訪のついでに寄ってみました。

しかし、、、時間がなくてプレイベントしか見られなかった。。。



先に腰掛庵に行っておけば良かったか。。。
ちなみに桜は満開でした。
 
 
そんなわけで腰掛庵に移動。





蔵を改装した店内は趣があります。
もうすぐ5月という事で、鯉のぼりが飾ってあります。
 
 
ここでのお目当ては、本物のわらび餅を使った「いちごわらび」。
昨年来たときには時期的な理由で食べられなかった人気メニューです。

前回のわらび餅も美味でしたが、果たして、、、、




(下の写真は店頭に飾ってあったものです)

さっそく食べてみる。
う・ま・い。

このふるふる感は未体験ゾーン。
ふるふるしているのに、苺と一緒にサラッと口に溶ける。
あっという間に口の中からなくなります。。。

餡の量や甘さも絶妙。この美味さは罪だ。
 
 
都内の高島屋で曜日限定で販売されているみたいですが、
現地で食べることを強くおすすめします。

山形県は食事も温泉も素晴らしいところですよ!


 
蕎麦屋はここ

山形県天童市高擶北137−4
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます

腰掛庵
山形県天童市北目1丁目6−11
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます

コメントを残す

Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer