この日の予報は雨。
長谷寺を後にしたワタシは、雨が似合う桜を撮ろうと
奈良県宇陀市の又兵衛桜へと向かう。

正しくは、本郷の瀧桜という。
大坂夏の陣で戦死したはずの後藤又兵衛が、実は生きていて
この場所で隠遁生活を送ったという伝説があります。

樹齢は約300年との事で、又兵衛の時代よりも100年くらい
下るわけですが、それでも歴史を感じさせる1本です。



今年は、花の着きが悪く、これで満開との事。
また、雨も期待したほど降らず、なんとなく中途半端。
残念なことですが、また良いときに来ようと思います。
  
  
SDIM3554.jpg

又兵衛桜のライトアップです。
今まで人工的なものは撮りたくなかったのですが、
美ヶ原の夜景で少し吹っ切れた感があります。
  
  
そして、小技を使ってみる。
レンズに息を吹きかけて、ソフトな描写にしています。

SDIM3566.jpg

遠景も撮ってみた。
ものすごく、良い木です。

SDIM3568.jpg

次は、岐阜県の淡墨桜へ移動します。
又兵衛桜からは、およそ200kmの距離。

一日に何km移動するんだよ。。。

34.473696,135.914526
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます