4年ぶりにやってきました十勝牧場

ここでは放牧のできない冬の間、ばん馬の運動不足解消などを
目的に、コースを2周走らせる馬追いというものを一般公開しています

前回は短いレンズしか持ってこなかったり
いろんな失敗があったのですが、今回は果たして
どうなるでしょうか


まずは50-150mmで

十勝牧場の馬追い運動

最初に走ったのは妊娠馬のグループ

1トンはあるという巨躯の塊が
ものすごい音を立てて眼の前を通り過ぎて行きます


十勝牧場の馬追い運動

次は1〜2歳の若駒グループ

明らかに力強さが違う!
鼻息の荒さにも、迫力があります


十勝牧場の馬追い運動

と思ったら、一頭だけ馬群からはぐれた馬が・・・

訪れた人たちの笑いを誘っていました



ここでレンズを120−400に交換
のこりの2グループを撮りきります

十勝牧場の馬追い運動


十勝牧場の馬追い運動


十勝牧場の馬追い運動


十勝牧場の馬追い運動


十勝牧場の馬追い運動

埒が写り込まないのと圧縮効果で
迫力が全然違います

今までこのレンズにはあまり良い印象がなかったので
後回しにしていたのですが、最初からこっちで
撮っておけば良かったですね


最終日は音羽橋といい、ここといい
予定外でしたがいい写真が撮れたので
旅の締めくくりとしては良かったです


いつも移動距離が1000kmに達してしまうので
来年は1箇所に長期滞在してじっくり狙おうかね・・・
と思っています


次の撮影は、早くも再訪となります久米島です
またパラグライダーに乗ってきます



2018年1月28日 9時半ごろから撮影