2018年2月13日午前7時ごろ撮影

霧ヶ峰から富士山

カラマツ林とサンピラーの組み合わせは、
何年も前から撮りたかった被写体です。

ここ霧ケ峰もそれが狙える場所なのですが、地元民ではないワタシには
気象条件が合わずに空振りなることが怖くて、なかなか実行できませんでした。


それでも1回は行っておこうと思って、良さげな日を選んで来たものの、、、
富士山は見えるのですが、太陽が出てくるあたりは雲の中。

辺りは雪の結晶が舞っていて、光が当たれば凄いことになりそうなのですが・・・


霧ヶ峰霧氷

仕方がないので霧氷のカラマツ林でも撮っておくか〜と思って撮影を始めます。



日の出時刻になっても雲が晴れることはなく、、、
集まったカメラマンも、何人かは諦めて帰って行ってしまいました。





帰りのバスにはまだ時間があるので粘っていると・・・


霧ヶ峰のダイヤモンドダスト

雲の切れ間から光が差して、ダイヤモンドダストになりました!


すぐまた雲に隠れてしまうのですが、、、

霧ヶ峰霧氷


霧ヶ峰のダイヤモンドダスト

また出てくれました。
手前のカラマツにだけ光があたるベストなタイミングです。


これでサンピラーになれば最高だったのにな〜と思いましたが、
また来る楽しみができたと思って、今回は満足することにします。




・・・これで冬の更新分は終わりです。
やっと明日(これを書いているのは24日です)から桜撮影が始まるので
書ききれてよかった・・・

今後は極力サボらないようにがんばります。