DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

Archive for 2015 年 9 月

京都・嵯峨野の竹林

2015 年 9 月 23 日 00 : 32 カテゴリ:SD1 Merrill, 観光, 風景写真 コメントを書く
タグ: ,

2015年9月14日 18時ごろ撮影

京都・嵯峨野の竹林

なぜか今まで一度も撮ったことがなかった、あの有名な竹林です。
日が落ちるまで人が絶えず、やっぱりここは早朝か夕暮れ時でないと
撮影には向きません。

FOVIONセンサーの特性上、あまり感度を上げたくなく、
シャッタースピードを稼げないのでかなり長い時間シャッターを開けます。

そのため、竹の葉が揺れているのは仕方がないことですね。


京都・嵯峨野の竹林


京都・嵯峨野の竹林

辺りはかなり暗くなり始めています。
なかなかそうは見えないのは写真の成せる業ですね。


時期的なものか、竹もあまり元気が無さそうな感じでした。
初夏の雨上がりの朝とか、緑がキレイな時期にまた来たいです。


35.016837,135.671622


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

竹田城跡 その2

2015 年 9 月 22 日 00 : 52 カテゴリ:SD1 Merrill, 観光, 風景写真 コメントを書く
タグ: ,

2015年9月14日 午前10時ごろ撮影

竹田城跡

この写真を撮ったあと、城へ登ろうか移動して滝でも撮りに行こうか迷ったあげく
空には良い感じの雲が出ていたので城へ登ることにしました。

8時半に下山を開始。城の裏手にある駐車場へ向かったのですが、、、
第1も第2も駐車場は使えなくなっていました。一番近いのは手前の山城の郷。
そこから徒歩かシャトルバスを使って先に進みます。

今回は片道150円だったのでシャトルバスを利用してみました。
しかし、、、バスは第2駐車場で降りなければならず、そこから先は徒歩。
あまり距離を稼いでいないような気がしますが、この先は道が狭いので
仕方がないのかも。


しばらく登ると、これも以前は無かった料金ゲートがありました。
500円を払って中には入ります。

そこで目にしたものは、、、

竹田城跡

地面や階段には何かの敷物で覆われ、柵が立ち、
一方通行の順路なるものが出来ていました。
天守跡は立入禁止になっていました。


別アングルで撮ると

竹田城跡


竹田城跡

こんなふうに作れないこともないのですが、これはかなり残念。
3年前に登った時は、それらは全く無くて。

例えるなら、のどかな公園という雰囲気で、
草の上で弁当を広げて眺めを楽しむといった、のどかな風景が広がっていたのですが、
見ない間に急速に観光地化が進んだように思います。




急増する観光客の安全確保や城跡の保全のために柵や敷物は必要でしょう。
また、それらのために監視員の確保は必要でしょう。

多くの人は早朝に訪れるので、観光客の多さの割に
地元にお金が落ちづらいことに対策も必要でしょう。

十分理解できます。



が、残念な気持ちは否めません。
眺めは相変わらず良いのですが、それをゆっくり楽しむことができません。

竹田城跡

ベンチとか置けばまた違うのかも知れないですね。



     --------------------------------------------------------------------------------------------------

雲海と竹田城跡 その3(なんとか成功編)

2015 年 9 月 21 日 00 : 18 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , ,

2015年9月14日朝撮影


3回目の挑戦。
空が明るくなると同時に、立雲峡へ登ります。

第1展望台まで上がると一面の雲海ですが、城は雲の下です。
これは1回目と同じパターンかと思ったのですが、数秒だけ影が現れました。

雲海と竹田城跡

雲や山に陰影のつくこの時間帯に全体像が現れれば完璧だったのですが、、、
なかなかそうもいかないですね。



そこから待つこと2時間。
8時半になり、気温が上がってくると雲が晴れます。

1回目の時は雲が手前から消えていったのですが、果たして今回は。。。

雲海と竹田城跡


雲海と竹田城跡


雲海と竹田城跡

数分のうちに一気に晴れていきました。
寒さに耐えながら待ち続けた、周りの人たちから歓声が上がります。
(防寒は大事です。特に、急な登りで汗をかくのでかなり冷えます)


理想的ではないですが、やっと雲海撮影に成功したので一安心です。




余談ですが、、、
竹田城跡の雲海はかなり有名で、雲海の出やすい秋になると人が押し寄せます。
(どの季節でも雲海は出るけど、秋が比較的条件に合いやすいです)

シーズン中は、夜明け前に駐車場が満車。
下から徒歩で登る人も現れるほどです。
当然、向かい側の城跡にも人がたくさんいます。

今回はそれを避けたかったので、早めの時期にやってきました。
それでも第1展望台に50人くらい居ましたが。

次回は、雪化粧した城と雲海を撮りたいと思いますが、
条件が厳しいので果たしていつになることやら。



最後に、引いた写真を撮って立雲峡での撮影は終了。
この後は城に登ってみます。

雲海と竹田城跡


35.286055,134.840698
左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

夕暮れの伏見稲荷大社

2015 年 9 月 20 日 06 : 15 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , ,

2015年9月13日18時ごろ撮影


4ヶ月ぶりの撮影です。
夏でここまで間を空けたのは11年の撮影生活で初めてです。
いや、さすがに他の季節でもここまで空いたのは無いか。。。

これまで天候と休日のタイミングがなかなか合わなかったのですが、
今回はなかなか良さげだったので、夜勤明けで京都までやってきました。


京都駅に着いたのは17時を過ぎたくらい。せっかくなので何か撮っておくかと思い
伏見稲荷大社にやってきました。

夕暮れの伏見稲荷大社

まずは千本鳥居。
何とか明るさが残っているので、まだ何を撮ったのかわかります。

そこから少し上まで登ったのですが、夕焼けがキレイだったので引き返します。


夕暮れの伏見稲荷大社

ちと遅かったか。


さらに戻ります。

夕暮れの伏見稲荷大社


夕暮れの伏見稲荷大社

んー、門が白飛びしちゃいましたね(´・ω・`)




そして再び千本鳥居。

夕暮れの伏見稲荷大社


夕暮れの伏見稲荷大社


夕暮れの伏見稲荷大社

「鳥居を撮った」と書かないと、一体なんの写真なのかわからないですね。



千本鳥居の入口。

夕暮れの伏見稲荷大社

確かシャッターは25秒くらい空けていたと思いますが、手前の鳥居が暗くて
映らないので、手持ちのヘッドランプで手前の鳥居を数秒照らします。

もうちょい明るい時間帯に撮れれば良かったですが、
人がひっきりなしに通るので運次第ですかね。。。



最後に、もう一度門を撮って終了。

夕暮れの伏見稲荷大社

やっぱり赤が飛んでいますね。。。
公開するか迷いましたが、雰囲気のある雲が出ていたので良しとします。


この後、大河でうどんを美味しく頂き、1日目の行程を終えました。



34.967052,135.772712
左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------


Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer