DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

Archive for 2015 年 6 月

真玉海岸の夕日 その3

2015 年 6 月 6 日 00 : 22 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , ,

2015年5月24日撮影

真玉海岸の夕日


真玉海岸の夕日

間に合った!
そして思った以上に良い状態です。

ここから1時間半の移り変わりをご覧ください。


真玉海岸の夕日



真玉海岸の夕日



真玉海岸の夕日



真玉海岸の夕日



真玉海岸の夕日


最後の写真を撮ったのは20時くらいでしたが、
時間を忘れさせる素晴らしい光景でした。

太陽が出ている時よりも、沈んでからの1時間の方が
いろいろ良かったように思えます。


真玉海岸の夕日を撮りたいと思い企画した今回の旅ですが、
大成功だったと言っても良いでしょう。

ひさびさに、写真を撮っていて楽しいと思えました。
大分の旅はここで終わりですが、次回以降も楽しい旅になることを期待します。


33.620427,131.473582


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

扇棚田

2015 年 6 月 5 日 00 : 39 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , ,

2015年5月24日撮影

鶴見岳から下山したのが14時。日没まで5時間。
真玉海岸で夕日を撮ろうと決めましたが、それまでどうしようかと考えながら
「行きたいところリスト」を眺めていたところ、、、

扇棚田のことをすっかり忘れていました。
熊本県産山村にある棚田なのですが、、、なんとか往復できそう?ってことで
真玉海岸とはまったく逆方向ですが行ってみることにしました。


扇棚田

現地に着いたのは15時半過ぎ。
田植えはすでにされており、青空によく映えています。


高台に登ってみます。

扇棚田

その名にふさわしく、扇状に曲線を描いた見事な棚田。
周りもよく手入れされており、地元の方々に大切にされていることがわかります。

風が出ていましたが、上の方は波立つことがなく
何とか良い写真にすることができました。



ここには写っていませんが、阿蘇山も見えており、
遠くまで来たなぁという気持ちにさせられます。

とても気持ちのいい風景ですが、あまり長居をすると
夕日に間に合わなくなるので、早々に帰る準備をします。

扇棚田

扇棚田

・・・が、帰り際によさげな場所を見つけたので急遽撮影。
棚田には侵入防止のため柵が張られていますが、これらは
柵の外からでも撮影できましたよ。

と、いうことで、ここから110kmくらいをとんぼ返りします。
下道で行けばちょうど3時間くらい。日没30分前には現地に着きたいので
高速道路を使うことにします。


33.040566,131.206691

地図だとわかりづらいですが、、、
航空写真に切り替えて拡大すると、棚田があるのがわかります。

33.040566,131.206691


棚田を過ぎたところに2〜3台分くらいの駐車スペースがあります。

ナビだと、産山村産山2510で検索するとかなり近くまで案内してくれます。
棚田への案内板は殆どありませんが、山吹水源と同じルートなので
山吹水源への案内板を見逃さなければ迷うことはないと思います。

なお、地図のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

鶴見岳のミヤマキリシマ

2015 年 6 月 4 日 00 : 17 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , ,

2015年5月24日 13時ごろ撮影

この旅を企画した時は頭に無かったのですが、5月下旬から6月上旬は
ミヤマキリシマの開花時期ということに気づき、天候と開花状態によっては
撮影したいと思っていました。

当日は午後から晴れの予報。別府ロープウェイのウェブサイトでは
駅周辺が見頃、山頂付近が7部咲きと書いてあったので天候回復を待って
登ってみました。


鶴見岳のミヤマキリシマ

まずはロープウェイ駅周辺。
けっこう咲いている株もありましたが、全体的には7部咲きくらい?という印象です。

曇から晴れに移り変わる、空としては最高のタイミングだったので
何とか見れる写真になりました。


そこから山頂付近へは10分くらいで行けます。
こんなに近いとは思わなかった。

鶴見岳のミヤマキリシマ


鶴見岳のミヤマキリシマ


鶴見岳のミヤマキリシマ

眺めが素晴らしいですが、ここも7部咲きというよりは5分くらい?
できるだけたくさん咲いている株を選びながら撮影します。

ここが一面ピンクになるのを想像したら最高の風景になると思います。
晴れの日曜日なのでロープウェイ会社が少し盛ったのかなという気もしますね。


鶴見岳のミヤマキリシマ

雲はどんどん晴れていきます。
あまり長居しても意味が無さそうなので、予定よりも早く下山します。

晴れたので真玉海岸へ行こうと思いますが、
それまでどこで時間を潰そうか迷うところです。


33.286701,131.429615


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

清滝(竹田市直入)

2015 年 6 月 3 日 00 : 23 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: ,

2015年5月23日 17時ごろ撮影

原尻の滝に寄った後の選択肢はいくつかあって、
白水の滝へ行こうか、清滝へ行こうか、それとも両方行こうか、とか
いっそ小国町の鍋ヶ滝へ行っちゃおうかな、とか
もう宿へ行って温泉に入ろうかな、とか

いろいろ考えた結果、清滝へ寄って帰ろうと決めました。


清滝

清滝

駐車場から5分ほど歩いたところにある、緑に囲まれたとても美しい滝です。
訪れる人は少なさそうで、とても神秘的な感じがします。

ここ数年、お恥ずかしい話ですが滝が怖く感じてしまい、
あまり落ち着かなかったのですが、ここはひとりで来ても落ち着ける滝ですね。
紅葉の時期も良さそうです。


清滝

ただ、アプローチはとても大変です。
長湯温泉の道の駅で地図をもらったのですが、本当に道が合っているのか不安で。

最後の分岐になって、初めて「清滝公園 →」と看板が出るという有り様。
下の地図も、もしかしたら間違っているかも知れないので、確実に行きたい場合は
道の駅で観光地図をもらうことをおすすめします。



途中で雨が降ってきてしまい、ここで最後にしておいてよかったなと思いました。
2日目の撮影はこれで終わりです。


33.093124,131.343527


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

HDRで遊ぼう 原尻の滝 & 真玉海岸

2015 年 6 月 2 日 00 : 51 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , , ,

今回の旅の前日、某サイトにステキな廃墟写真が掲載されているのを見つけました。
空は青く、雲や建物が独特な感じで写っていました。

・・・が、本文を読むと「雨が降っていたので〜」「止むのを待って〜」と書いてある。
空は青いのになぜ?と思いましたが、それがHDR加工された写真だったのです。

今まで、撮影の対象にならなかった曇り空を対象にできるかもしれないというのは
ワタシにとって革命的な衝撃だったのです。


原尻の滝


そこで、晴天時に撮るのが定番である、竹田市の原尻の滝を
曇り空とともに何枚か写し、HDRソフトで合成します。

どうでしょう。空がグレー1色になるよりは雰囲気が出ると思うのですが。。。
まあ、構図がイマイチなのはご愛嬌ということで(´・ω・`)

いや、、、撮ってる時点では結果が想像しづらいんですよ。
特に今回は初めての経験ですし(´・ω・`)



使ったソフトはHDRtist Proです。
とりあえず体験版ですが、我が家の環境で、一番お手軽に安定して動いてくれました。
フリー版もありますが、細かい調整ができないのでこのまま有料版を購入しようかと
思っています。




ついでに、この日の朝の真玉海岸もHDRにしてみる。

原尻の滝


不穏な感じになってて良いと思います。

下見がてら来たのですが、思ったよりも干潟が広がっています。
午前8時と、干潮から2時間(くらいかな?)経っています。

潮位表とにらめっこして日を選ばなくても、ある程度潮が引いていれば
この特徴的な干潟と夕日を合わせるのはそう難しいことではなさそうです。



んで、この写真を同じソフトで極端に加工するとこうなる。

原尻の滝

いい写真だとは思わないけど、同じ写真でもだいぶ違って見えますね。

自然風景とHDRって相容れないところがあると思うけど、
撮影の幅という意味では、たまにはいいかなとも思います。



     --------------------------------------------------------------------------------------------------

1 of 212

Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer