DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。一部画像はデスクトップ壁紙サイズで公開しています。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

Archive for 2015 年 2 月

冬のタウシュベツ川橋梁

2015 年 2 月 18 日 00 : 02 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: ,

2015年2月6日 12時ごろ撮影

冬のタウシュベツ川橋梁

3年前だったか、この近くまで来たのに、降りる場所がわからず断念した
冬のタウシュベツ川橋梁見学にやってきました。

今回は糠平温泉から湖沿いに北へ向かい、五の沢駐車場に車を駐めました。
バス停の少し南側に降り口があり、意外なほど簡単に下りることができました。
なぜ前回はわからなかったのか逆に不思議です。

そこから歩くこと数十分。。。
撮影しながらだったので、行きに1時間半くらいかかりましたが、
実際は片道40分くらいだったかと思います。


冬のタウシュベツ川橋梁

正面からウペペサンケ山。
立派な山ですねぇ。。。

雪上には足跡がついており、多くの人が来ていることがわかります。
足跡なしの写真を撮りたいなら降雪直後に来ないといけないですね。



冬のタウシュベツ川橋梁


冬のタウシュベツ川橋梁

橋に近づいてみます。

写真で伝わるかどうかわかりませんが、とても大きいです。
昔はこの上に鉄道が通っていたんですねぇ。。。



冬のタウシュベツ川橋梁

こうすると多少は大きく見えるでしょうか。




冬のタウシュベツ川橋梁

こちらはニペソツ山です。
(冒頭の写真もこの山です)



冬のタウシュベツ川橋梁

凍った斜面を登って橋に近づきます。
上部はかなり風化しているようで、鉄筋や中の石が露出しています。

構造上、外側が壊れたら一気に崩壊すると思われ、
いつそうなってもおかしくないことから周囲にはロープが張られています。

北海道遺産に指定されながらも、補修に対しては是非があったり
そもそも補修するための予算がつかない(つけない?)らしく
数十年後には見ることは出来なくなっているでしょう。


そういう事情を抜きにしても、時の流れを感じさせる
素晴らしい遺構であることには変わりがないので

見られなくなる前にたくさん写真を撮っておきたいです。
次は夏に来たいですね。。。


43.417268,143.190994


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

糠平湖の氷

2015 年 2 月 17 日 00 : 04 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , ,

2015年2月6日 11時〜13時ごろ撮影

糠平湖の氷

タウシュベツ川橋梁見学のため、糠平湖にやってきました。
ここも雲が出やすい日を選んで来たのですが、大津海岸とは違い
こちらは良い結果が出たようです。


ここでは、橋だけではなく様々な氷の造形を見ることが出来ます。
まずはキノコ氷。

糠平湖のキノコ氷


糠平湖のキノコ氷

湖が完全氷結した後も水位が下がっていくため、氷も一緒に下ります。
そこに木の切り株があると、そこだけ周囲より高くなるので氷が残るのです。

ただ、来た時期が少し遅かったようで、崩れてしまっている氷が多かったです。



お次は、氷にできる様々な模様。

糠平湖の氷

これは真上から撮った写真ですが、クラックが複雑に交じっていて
まるで稲妻のようです。少し引いた写真では薔薇のように見えましたが
それを写真で表現することはできませんでした(´・ω・`)


糠平湖の氷

次は露出した氷を横から撮ったものです。
層によって泡の出方が違っています。

どのように凍ったらこんな風になるのでしょうか。



そして、これも不思議な氷です。

糠平湖の氷

糠平湖の氷  糠平湖の氷 

平らな白い丸が何層にも重なっています。
氷が厚くあるたびに下から出てきた空気が逃げられなくなったものと思いますが
なかなか面白い形をしています。

縦長の細い泡との組み合わせも面白いですね。

下の右側の写真は自分の体で影を作って撮りました。
ここだけ別世界みたいです。



次いってみよう。

糠平湖の氷

これも不思議。
透明な氷と白い氷がはっきり分かれています。



最後に。

糠平湖の氷

雪に覆われている湖面ですが、ちょうど真ん中くらいに
氷が露出しているところがありました。

透き通った氷なのに、20センチくらいしか奥が見えません。
先ほどまでとは違い、全く光の届かない世界。



目的地であるタウシュベツ川橋梁は、目に入ってからが大変。
たくさん歩いているはずなのに、なかなか近づいてこない。

撮影抜きでも片道40分以上はかかっていると思います。

タウシュベツ川橋梁


長くなったので橋の写真は次回にします。


43.399809,143.181381


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

大津海岸の氷 その2

2015 年 2 月 16 日 00 : 06 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , ,

2015年2月6日 午前6時半〜8時ごろ撮影

大津海岸の氷

この旅の最終日になりました。
前々日にやってきた大津海岸、今度は朝の撮影です。

前日来ようかと思ったのですが、前日は天気が良すぎると判断、
多少雲が出そうな最終日を選んだわけなのですが、、、



大津海岸の氷

夜明け前。

雲が想定よりも厚くて、太陽が出るか微妙なところ。
でもまあ、夜明け前の寒々しい感じは出せていると思います。



大津海岸の氷

大津海岸の氷

そして太陽が入ってきましたが、やはり雲に阻まれて光が弱い。
氷の量も前々日と変わらず、あまり多くないのもあって、これは残念な結果に、、、?

もっといい場面が撮れそうなので、再訪したい場所がまた一つ増えました。



大津海岸の氷


これだけの氷がどこから来たのかというと、、、
十勝川河口でできた氷が流れ着いたと言われていますが、ここを教えてくれた
地元のプロカメラマンは浦幌十勝川かもと言っていました。

んで、自然の氷ではなく人工の氷だ、とも。
確かに、自然のものにはあり得ない 筒状の穴があいた氷がちらほらあり、
誰かが作って放流しているという話も、あながち冗談じゃないのかも、、、?

ロシア由来であるオホーツク海の流氷以外に、国内で氷がたくさん流れ着く場所って
あまり聞かないですしね。

まあ、どちらにせよその「流氷」でないことは確かですね。
あれは根室海峡あたりで止まりますし。


42.708047,143.684092


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

鳥沼公園の霧氷 その2

2015 年 2 月 15 日 00 : 09 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , , ,

2015年2月5日 8時半ごろから撮影

鳥沼公園の霧氷

8時まで二股にいて、そこから鳥沼公園の日の出に
間に合うかどうかを試そうと思い、実行してみる。

結果は「間に合う」でした。
だいたい日の出時刻から2時間くらい見ておけば十分でしょう。


鳥沼公園の霧氷

鳥沼は湧き水が水源なので、真冬でも凍ることはありません。
他がどれだけ期待はずれでも、無風・快晴であればここの霧氷は裏切らない。


鳥沼公園の霧氷

鳥沼公園の霧氷

鳥沼公園の霧氷

もの凄い量のけあらしが昇り、そこに差した光が光芒になります。
ゴーストが出ているような気もしますが、、、まあいいか。


鳥沼公園の霧氷

鳥沼公園の霧氷

鳥沼公園の霧氷

光芒にとらわれすぎて、その他のよさ気な風景を撮るタイミングを見誤った(´・ω・`)
ここはもっといろいろ楽しめるところだと思う。


北海道富良野市東鳥沼1


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

有明の月とクリスマスツリーの木

2015 年 2 月 14 日 00 : 01 カテゴリ:SD1 Merrill コメントを書く
タグ: , ,

2015年2月5日午前6時半ごろ撮影

有明の月とクリスマスツリーの木

釧路空港から始まり、十勝で撮影をしていたはずが、
翌日の朝を美瑛で迎えています。

満月なので、太陽と入れ替わりで沈んでいくのですが、
その様子を撮ろうと思った時に、夕日の名所なら画になるんじゃないかと思いまして。

ついでにサンピラーが期待できる天候だったので、なら美瑛に行けばいいじゃんと
いうことで選んだのでした。


有明の月とクリスマスツリーの木

もうちょい早い時間に来れば木のてっぺんと月が重なる場面を撮れたのですが
さすがにそこまで早く起きることができませんでした(帯広を3時半に出たのよね・・・)

でもまあ、雰囲気のある写真が撮れたと思います。



有明の月とクリスマスツリーの木

日の出が近づくと、月が赤く光ります。
露出を抑えると月の模様が写って良いですね。

ただ、月の位置から考えると、満月の朝ではなく1日後のほうが
もしかしたら良い写真になったのかも知れません。


この後、二股に移動しますが、期待に反してサンピラーはほぼ出ませんでした。
写真もお蔵入りになると思います(´・ω・`)


43.555329,142.444525


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

1 of 212

Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer