DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

Archive for 2014 年 1 月

美瑛町の冬風景 その4・哲学の木

2014 年 1 月 31 日 08 : 34 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , ,

 
2014年1月23日10:00時ごろ撮影

冬の哲学の木

印象的な木がたくさんある美瑛町ですが、哲学の木はその中でも最も有名な
一本でしょう。ただ、最近は有名になりすぎたためか無断で農地に入ったり
木に近づいたりする人が後を絶たないそうで。

それはイコール農地を荒らすことになるわけですし、そもそも不法侵入なので
絶対に行ってはいけないことです。


冬の哲学の木

上の写真にも足跡が写っていますし、下の写真にはスノーモービルで
走った痕跡もあります。


哲学の木を所有する地主の方は、観光客のあまりのマナーの悪さに激怒し
赤ペンキで☓を書きました。これらの写真ではわかりづらいですが。。。

今では、この木は町の観光地図から削除されました。それでも改善しない
場合は木の伐採をするしかないという話も聞きます。


最近では「嵐の木」騒動が記憶に新しいですが、観光客やカメラマンなどの
マナーの悪さが原因でこういった美観が失われる可能性があることは
とても残念なことです。

そんな状況の中、撮影をさせて頂いてウェブにアップすることが良いことなのか
迷いましたが、少しでも啓発につながればいいなと思いこの記事を書きました。

説教臭くなって申し訳ございませんが、ご理解を頂けると嬉しいです。


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

美瑛町の冬風景 その3・かすかな霧氷

2014 年 1 月 30 日 19 : 52 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , ,


2014年1月23日9:00〜9:45撮影

二股から留辺蘂方面へ走り、美馬牛方面へ向かいます。
まずはそこで見つけた霧氷のついた白樺。

まずは月と絡める
美瑛町内の冬風景


そして他の木とも
美瑛町内の冬風景

なんか、物語があっていいですね

確かこのあたりです

43.538158,142.415814
左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます



続いて、美馬牛小学校を過ぎたあたりから。

美瑛町内の冬風景


太陽が高くなってくるとだいぶ暖かく感じますが、それでもマイナス10度以下。
薄く付いている霧氷も何とか残っています。



あとはこれ。ほぼ同じ場所から

美瑛町内の冬風景

段々畑なのか棚田なのかはよくわかりませんが、
これも撮ってみたかった風景でした。

こちらはこのあたり
43.538158,142.415814
左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

美瑛町の冬風景 その2・サンピラー

2014 年 1 月 29 日 13 : 08 カテゴリ:SD1 Merrill, 気象知識と撮影, 風景写真 コメント数 4 
タグ: , , ,

 
2014年1月23日7:50から1時間ほど撮影

千望峠での撮影を切り上げ、次の目的地へ向かいます。


事前に調べていた場所に行ってみると、そこには・・・!!

美瑛町・二股のサンピラー

ぶっといサンピラーが出てるじゃありませんか!!

千望峠とは違い、背景が影になっていて光がさらに強調されます。
光の粒は細かく、望遠で絞りを開けてもあまりボケませんが、それでも十分です。


美瑛町・二股のサンピラー


美瑛町・二股のサンピラー


来年のカレンダーに使えるように、横構図でも撮ります。
光は20分ほどで弱くなり、別の場所に移動するカメラマンがちらほら。
ワタシも、もう1箇所目をつけていたところがあり、そこへ行ってみることに。



・・・が、そこでは全く成果がなく、元の場所へ戻ってくると・・・

美瑛町・二股のサンピラー


美瑛町・二股のサンピラー


美瑛町・二股のサンピラー

先ほど1回諦めた時よりも光の量がやや回復しているのに加え、
粒が大きく七色に光っています。

この時点でここにいたのはワタシを含めて3人。
1日で違うタイプのサンピラーを見ることができたのは幸運です。

前日朝に突然決めた北海道旅行ですが、成果が上がって本当に良かった。


ここからは余談ですが、、、
サンピラーは太陽柱とも言い、その正体は大気中の水分が凍った氷晶です。
水分は、凍るときに気温によって氷晶の形が変わります。

マイナス20度くらいになると光を反射しやすくなる形状で凍るため、
サンピラーが期待できます。ちなみに美瑛町の最低気温は-24.3度でした。

今回はそれに加えて、前日に雪が降って湿度が高かったこと、
翌朝まで風が弱く、湿度が下がらなかったこと、
前夜から天気がよく、放射冷却で気温が急激に下がった(飽和しやすい)
ことなども要因として挙がります。

要は、全ての条件がハマったわけなので、今回は満足です。
まあ、撮る前のイメージが強すぎて、それがなければもっと良く撮れたような
気もするけど、それは今後の課題ということで。


この後は夕方まで美瑛町内をぐるぐる回ります。

 




     --------------------------------------------------------------------------------------------------

千望峠からの夜明けとサンピラー

2014 年 1 月 28 日 14 : 20 カテゴリ:SD1 Merrill, 気象知識と撮影, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , , ,

2014年1月23日6時半〜7時半ごろ撮影

前夜からの放射冷却でマイナス24度まで下がったこの朝。
雪が前日に降ったこともあり、湿度が高め。ほぼ無風。
サンピラーを期待するには十分な条件が揃っています。

まず向かったのは上富良野町の千望峠。

千望峠からの夜明け


千望峠からの夜明け

上空には雲が殆どないのですが、十勝岳の稜線には雲がかかっており、
まるで稜線が燃えているかのようです。

少し目を転じると、、、

千望峠からの夜明け

周りの木々には、薄く霧氷がついています。
もっと盛大なものを期待しましたが、霧が出なかったのでこれは仕方がない。


しばらくすると夜明けです。

十勝岳があるためか、旭川よりも若干遅いです。
7時20分ごろに日が差してきました。

千望峠からの夜明け


自信はあったものの、実は太陽の下に出るような極寒地でのサンピラーを
未だ見たことがなく。祈るような気持ちで待っていると、、、

千望峠からのサンピラー


千望峠からのサンピラー

出たよ!
はっきりと出ているよ!

無理をして前日に北海道入りして良かった。
サンピラーを撮ろうと思ってから3年間くらいかかったけど、
実現できて本当に良かった。


この後、二股でもサンピラーを撮るため移動します。
途中、千望峠展望台のすぐ下あたりからもサンピラーが見えたので
撮影をしようとしたのですが、、、

千望峠からのサンピラー

なぜかそこに子馬(道産子でした!)がいて、ワタシの尻を噛んだり
ポケットに顔を突っ込んでくるので撮影どころではなく。
そんな状況で撮ったのが上の写真です。

馬を絡めて撮れれば面白いかなと思って近づいたのが間違いでした(´・ω・`)
もう少し待てば下の霧氷がついたカラマツにサンピラーが届く場面でしたが
二股での撮影が本番なため、先を急ぐことにします。

43.46616,142.430886
左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます
上富良野中心部から千望峠駐車公園へ上る途中での撮影です


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

美瑛町の冬風景 その1・白髭の滝(白髭の滝 その3)

2014 年 1 月 27 日 19 : 46 カテゴリ:SD1 Merrill, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , ,

2014年1月22日15時半ごろ撮影
冬の白髭の滝

やっと重い腰を上げまして。この冬初めての撮影です。
行き先は北海道。なんとなく天気予報を見ていたら、翌朝の気象条件が
かなり良さそうだったので急遽決定したのでした。

当日予約だったので航空券代が痛かったのですが、、、
事前に安いチケットを予約していても、成果の上がらない撮影行も
あり得るとすると、実はそんなに損をしていないのかも知れません。
(結果は翌朝わかります)


冬の白髭の滝

そんなわけでこの日はウォームアップがてら白金温泉の白髭の滝まで来ました。
気温はマイナス10度を下回っていますが、温泉が混じるためか殆ど凍ることは
ありません。

それどころか、、、

冬の白髭の滝

近くの宿からの排水があったのか、急に湯気が湧き出しまして。
しばらく待っても消えそうになかったので撮影を中止して下山します。

薄日ですが日が差していたので夕景を期待したのですが、
期待どおりにはいかず日没。

この後は、定番となった唯我独尊のオムソーセージカレーを食べて、
フラヌイ温泉に寄ってから投宿です。ええ、車中泊は死にそうなので
今回は宿を取りました。

翌朝の予想最低気温が、天気予報サイトによってはマイナス20度を
下回っていましたからね。。。


最後にもう1枚。滝の右側のアップです。
冬の白髭の滝


美瑛町の中心部から白金温泉へ。温泉街の向かって左手にある橋から見えます。
左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます。

43.474738,142.63921


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

1 of 212

Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer