DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

Archive for 2011 年 7 月

樽前ガロー その1

2011 年 7 月 8 日 16 : 02 カテゴリ:SD15, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , ,

追記(2014年7月2日)

一昨日、樽前ガローを再訪問してきました。
んで思ったのは、下記の場所はかなり危険かつ上に戻るのが困難なため
進入は控えてほしいです。最悪の場合、命を危険に晒します。

かわりに、ほかに降りることのできるポイントを2箇所見つけました。
こちらは比較的安全ですし、被写体としても魅力的です。

詳細は こちらの記事 をご参照ください。



—————-<ここから当時の本文>—————-


いよいよこの旅の最終目的地、樽前ガローまでやってきました。
36号線から樽前ガローの看板を目印に山側に入り、そのまま直進すると
樽前ガロー地区に入ります。

樽前ガロー

あまり下調べせずに来てしまったのですが、、、
地区の手前側と奥側にそれぞれ橋があり、まずは
手前側で降りられそうなところを探したが見つからず。

その後、奥側の橋で踏み跡をいくつか見つけました。
橋の手前右側にふたつ、奥左側にひとつ。

まずは一番手前の踏み跡を辿ってみると、、、
(←)この写真の場所に出ましたが、どう見ても
降りられそうにない。





樽前ガロー

仕方がないので上に戻り、右手前ふたつめの降り口
(降り口は急ですので云々と書いてある看板のあたり)
を降りてみると、、、


あった・・・!

ものすごく狭い谷間に、水が勢いよく流れています。
水深は50cm以上。落ちたら確実に流されるでしょう。
慎重に撮影を行います。

羆対策で、絶えず鈴を鳴らしながら・・・(‘A`)



樽前ガロー

あらかじめ断っておくと、この谷間というか隙間に
降りるのはやや困難です。この日は草が濡れており
レインウェアなどが必要でした。

晴れの日のことはわかりませんが、この日は岩盤が
濡れていたので、滑り止めがついた靴(できれば釣り
や沢登りで使う靴)があった方が良いと思います。

また、降り始めは良いのですが、最後に高さ1mくらい
の、ほぼ垂直の壁を降りないといけません。

飛び降りるのは無謀です。下の岩盤は濡れている上に
川に向かって下り坂。川まで2mくらいなので、少し
勢いがつけば落ちます。たぶん死にます。


樽前ガロー
どんな状態だったのか、写真で記録しておけば良かった
のだけれど、この時は自身の安全を確保するのに精一杯
でした。

この日は朝から雨模様。もしも上流に大雨が降れば、
確実に流されるのは岩壁の苔を観れば必至。

少しの音にも敏感になり、早く脱出したいという気持ち
になる反面、三脚は水際5cmの場所に立て、縦位置の際
カメラを川側に倒すなど、慣れるにつれ大胆になる。

できるだけ安全に配慮しつつ撮影するけれど、
ファインダーを覗くだけで転びそうで怖い。

なんだかいろいろな感情が入り交じった撮影でした。


樽前ガロー

最後に横アングルで、と決め、この構図で数枚撮影。
何だかんだ言いながら、この谷底に1時間近くも居たのですが、上に戻った時の
疲労感はハンパなく、橋の奥左側の降り口を試すのは無理だと思いました。

後からネットで調べたら、下流側にもっと簡単に降りられそうな場所がある
みたいだし、ぐぐる先生の画像検索でもワタシが撮影した場所はヒットせず。
・・・ある意味、場所を間違えたのかも知れません(´・ω・`)

追記
2014年6月30日に再訪問し、ほかに降りることのできるポイントを見つけました。
詳細は こちらの記事 をご参照ください。



ここに来る前は、この先二度と来なくても大丈夫なくらい撮影をしておこうと
思っていたのですが、これではまたいつか来る事になりそうですね (´Д`;)

他の撮影ポイントと合わせづらいんだよなぁ(‘A`)
苔の洞門やインクラの滝は入れないし(‘A`)
まあ、また来る時に考えよう。


この後、近くにある「ゆのみの湯」へ入り(多少塩素臭い場所がありますが
意外に良かったです)、途中でラーメンを食べ、新千歳空港へ向かうのでした。
走行距離は980km。1000kmには行かなかったものの、走りすぎだろ(´・ω・`)

まあ、各所狙い通りの天候に恵まれ、良い旅でした。
次回は9月下旬に来ます。大雪山あたりの紅葉を撮りに。
樽前ガローまで来るかどうかは未定です。

北海道苫小牧市字樽前
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

三階滝

2011 年 7 月 8 日 13 : 34 カテゴリ:SD15, 風景写真 コメントを書く
タグ: ,

積丹半島から、そのまま苫小牧方面へ向かう。
強行スケジュールは毎度の事だが、今回も走行距離が1000kmを越えそうな気配。
そう考えるだけでげんなりするのに、ガス代のことを考えると余計にげんなりする。
期待が空振りになればなおさらだ。

前回の記事に、神威岬と温泉が空振りになったと書いた。
そして、ここも入ってみたかった蟠渓温泉も入浴時間の関係で空振りになるのでした。

仕方がないので、そのまま白老・苫小牧方面に抜けようとすると、
途中の伊達市に三階滝公園なるものがあったので寄ってみた。

三階滝

駐車場から少し下ると、けっこうな音を立てて滝が
落ちています。しかし、、、どう見ても2段しか
ないように見えるのですが。。。

ここには橋が架けられており、そこから滝を眺める
ようになっているのですが、よくよく見てみると
3段目は橋の下にありました。。。

三階滝と謳っていてこれはどうなのよ。。。
もうちょい考えて作れば良いのにね。


三階滝




滝自体は、意外にと言ったら失礼だけど、
期待以上に良いです。周囲の環境も素晴らしい。





三階滝







いろいろ空振りだったけれど、この滝を
観る事ができたので結果オーライと言うべきか。

少なくとも、ウニ丼を食べて終わり、という
事態だけは避ける事ができました(‘A`)



42.674295,141.10548
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

積丹町 お食事処 みさき

2011 年 7 月 8 日 08 : 57 カテゴリ:食べるもの コメントを書く
タグ:

この日は朝から雨。
天気が悪いのはあらかじめ分かっていたので、午前中は美味いものを食べて
過ごす事にしていました。

道の駅スペースアップルよいちを出たのは朝5時半。
お目当てのみさきさんが開くまで時間があるので、神威岬に向かうも、、、
ゲートが開いておらず断念。断念と言えば、入ってみたかったシララ姫の湯も
日帰り入浴の時間帯が合わず断念したのでした(´・ω・`)


開店10分前に到着。
朝8時だというのに車が集まり始め、開店時には計5台も来ている。人気店ですねぇ。







注文は、当然赤ばふん生うに丼。
この時期、産地でなければ手が届かない代物です。これを食べるためだけに
積丹半島まで来ました。1日限定10食なので、開店時に食べないと無理そう。

ウニ丼を食べるのはこれで2回目。10年くらい前に小樽で食べましたが
あの時はムラサキウニでした。期待が高まります。
そして、、、



キマシタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

一面に敷き詰められた赤ウニ!
形を保つためのミョウバンを使用していない、文字通りの生ウニは
既に溶け始めています。

早速、ウニだけを箸に取り食べてみると、、、
美味い! 最初はやや塩辛いが、直後に濃厚なウニの甘みが押し寄せ、
そして何事も無かったかのように溶けて消え去る。

残るのはほのかな後味だけ。
醤油をつけると、また違った味がして良い。


が、しかし。
ウニ丼という食べ方自体がそういうものなのかも知れませんが、、、
白飯が余りにも普通なので、ウニの風味とか濃厚さとか、その辺が
殺されてしまうような気が。

ウニ単体は良いだけにもったいない。

単に、白飯に海苔とウニを載せるだけではなく、もう一工夫あると、
もっと幸せになれるのかなと思いました。


—————————————–

2014年6月30日再訪問





うに丼セットを頼みました!
こちらは1日限定30食です。10時ごろ入りましたが、まだ残ってました。

丼はムラサキウニですが、バフンウニとムラサキウニがまるごとついてきます。
ウニの中身は処理されておらず、トゲトゲもまだ動いているのでグロ注意な感じです。

最初にウニを食べようと思った人は凄いですね。


味の方はどちらも最高だと思いましたが、どちらかと言えばムラサキウニの方が
あっさりしていて好みです。食べ比べると、バフンウニは味が濃厚な分、若干の
クセを感じます。

ウニ丼の方も、前回感じた不満点が解消されており満足しました。
これは個人の好みかも知れませんが、ムラサキウニの方が好きだなぁ。。。


まあ、ウニは雑食との事で、環境によって味が変わるそうですが、
利尻昆布のみを食べて育ったバフンウニは最高級品と聞きますので
いつか利尻島で食べ比べをしてみないなと思いました。

北海道積丹郡積丹町大字日司町236
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

平和の滝

2011 年 7 月 7 日 18 : 57 カテゴリ:SD15, 風景写真 コメントを書く
タグ: ,

平和の滝
札幌市郊外に位置する滝。
良い滝なのですが、、、駐車場の雰囲気があまり良く
なかったり、その先も滝の美しさよりも不気味さの方が
強かったりして、あまり長居したくない場所でした。

滝の滞在時間は約3分。
PLフィルターを使って水面の反射を消した方が良い
写真になる気がしましたが、駐車所へ取りに戻るのも
憚られるくらい早々に退散したい場所だったので
同じ構図で5枚撮って終了。

ぐぐる先生で検索すると、出てくるのは心霊スポットの
話題ばかり。実際にどうなのかは判りませんが、
そう言われると なるほどなと思わせる場所でした。


北海道札幌市東区北28条東12丁目3−7
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

鱒見の滝

2011 年 7 月 7 日 18 : 20 カテゴリ:SD15, 風景写真 コメントを書く
タグ: ,

温泉から上がり、これから行く場所を考える。
翌日は積丹半島に行って、それから苫小牧・新千歳に戻る予定。
となれば、札幌にでも行くか、というあまり積極的ではない理由で移動をした。

滝野すずらん丘陵公園には4つの滝があり、その内のアシリベツの滝は
日本の滝100選にも選定されている。

まずは、最初の駐車場の関係で鱒見の滝に向かう事にした。

鱒見の滝

鱒見の滝

滝は溶岩の作った地形を滑るように落ちており、
非常に美しい。
木の葉は少し疲れているようだけど。


鱒見の滝













撮影後、別の駐車場に駐めアシリベツの滝を観に
行こうとしたところ、閉門20分前になってしまい

往復と撮影をしていたらゲートが閉まってしまうので行く事は叶わず。
ものすごい消化不良感が残るのでした。

北海道札幌市南区滝野
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

1 of 3123

Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer