DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

新穂高温泉 深山荘

2009 年 10 月 2 日 13 : 06 カテゴリ:温泉 コメント 0
タグ: ,

新穂高のバスターミナルに着いたのは15時40分くらい。
観光案内所で聞いたら、新穂高温泉の深山荘が宿泊OKとの事。

夕食で飲み物を頼んだら14000円超えるなーと思いつつも、
以前から泊まってみたいと思っていたので宿泊決定!

宿は、バスターミナルから徒歩10分くらいのところにあります。
吊り橋を渡って行くのは、非常に趣があります。



(ワイヤーが電飾されているのは、明け方に撮ったからです。昼間は消えています)



吊り橋の上から。水が澄んでいます。
夏は温泉と川と交互に入れそうですね。
 
 
チェックインを済ませ、早速温泉へ向かいます。
2つある貸し切り風呂のうち1つが空いているので、まずはそこへ行く。

再び吊り橋を渡り、右手の林の中へ進むと、、、


外見は微妙です。
中に入ると、小振りな浴槽に源泉が掛け流しされており、
白い湯の花が浮かんでいます。

入ってみると、長時間歩いた体にお湯がじんわりしみてきます。
貸し切りって、、、誰も入ってこない風呂って、、、良いね。。。
すごく落ち着きます。

誰も来ないってことは、、、


こんなこともできてしまうわけで。
見たくない方ゴメンナサイ。

もうひとつの貸し切り風呂です。


こちらは川のすぐそばにあり、浴槽がふたつあります。

 
 
湯浴みの後は夕食です。


刺身は甘エビ、鯉を昆布で挟んだもの、飛騨牛(!)です。
後は暖かい蕎麦と、岩魚の塩焼き、小鉢が2つ、ご飯、味噌汁。
どれもクセのない味で美味しい。



あとは煮物と天ぷら、焼き物です。
こちらにも飛騨牛があり、名物の甘い味噌がかかっています。

ここまでで、かなりお腹がいっぱいになっているにも関わらず、
飛騨牛の脂は全くくどくなく、幸せなひとときを過ごすのでした。
(天ぷらだけは、あまり美味しくなかった・・・)
 
 
食後、しばらく休憩してから再度入浴。

まずは内風呂。


そして露天風呂最上段。右手は脱衣所、奥は川です。


貸し切りでない露天風呂は4つあり、男性専用が2段、その下の混浴で3段に。
少し離れたところに女性専用があります。

男性専用と混浴に分かれているとはいえ、3段は見事に繋がっているのと、
特に下段は吊り橋からも見えるので、昼間だと女性は入りづらいと思います。
ちなみに、下段のみ水着着用OKみたいです。

翌朝撮った下2段。川が目の前にあり、気持ちが良いです。


お湯は全て同じなので、どこが一番良いというのは人それぞれだと思います。
個人的には最初に入った貸し切り風呂が一番でしたが。

早朝の湯浴みを終えたら朝食です。


至って質素ですが、どれも美味しいです(焼鮭のみ微妙・・・)。
上で燃えているのは朴葉味噌です。これが最高に美味く、
特に温泉玉子との組み合わせは絶品でした。

普段は車中泊とか、ネットカフェとかで夜を過ごすワタシにとって、
温泉宿に泊まるというのは金銭的な意味でハードルが高いのですが、
ここは非常に満足できました。

また山行の帰りにでも来るとしよう。。。

36.277701,137.571702
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます

コメントを残す

Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer