DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

奴留湯温泉 共同浴場

2008 年 7 月 31 日 15 : 22 カテゴリ:温泉 コメント 1
タグ: ,

原尻の滝で汗をかき、蕎麦屋でゆっくりした後、
もうひとつ撮影をこなす前に温泉に入ることにしました。

向かった先は、熊本県小国町の「奴留湯温泉」。
奴留湯と書いて「ぬるゆ」と読みます。
珍しい読み方ですね。
  
  
「ぬるゆ」と読む温泉は、福島県にもありました。
こちらは「微温湯」と書いて「ぬるゆ」。

共通しているのは、お湯が温めなことと、
行った方々の評価が非常に高いということです。

SDIM1180.jpg

山に囲まれた集落。
裏の集会場の横に車を止め、入口に設置された箱に200円を入れる。

中に入ると、5人くらいでいっぱいになりそうな脱衣所。
様子を見ると、誰も先客はいない。貸し切りです!
さすが平日の16時。

SDIM1183.jpg

中は内風呂がひとつだけ。
しかし、大量の源泉が注がれており、浴槽からは絶えずお湯があふれています。

かけ湯をし、中へドボン。
底には大きな石が敷かれており、この下からも温泉が出ているのか
たまに気体が上がってきます。

しばらく浸かっていると、体に泡がつきます。
硫黄泉と聞いていましたが、炭酸成分も混じっているようですね。
  
  
源泉は38℃ととても温く、夏の日射しを浴びた体には心地良い。
温いとはいえ、ずっと浸かっていると体の内側からポカポカしてきます。

温いお湯に奴さん(殿様の家来の事だそうです)を長く留めたことから
奴留湯と字を当てられたそうですが、その名の通り、ゆっくり、じっくり
楽しめる温泉です。

熊本県阿蘇郡小国町北里
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます

  • ばっしー より:

    強烈な硫黄臭に大量のオーバーフローに特大湯の花!!

    何をとっても感動ものでした!!

    このぬる湯に何時間でもつかっていたい…

    http://onsenbashi.blog5.fc2.com/blog-entry-189.html

  • コメントを残す

    Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer