DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。一部画像はデスクトップ壁紙サイズで公開しています。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

Archive for 2008 年 6 月

白馬 まえだ

2008 年 6 月 29 日 17 : 42 カテゴリ:食べるもの コメントを書く
タグ: ,

今回は2日間の日程で長野・岐阜に来ています。

今日は2日目。昨日は風景写真を撮りませんでした!!
何をしていたのかというと、美味いものを食べて、温泉に浸っていました。
まず最初に訪れたのがここ。

SDIM0547.jpg

白馬のH+ へ行くついでに寄った店が、この「まえだ」。
お蕎麦屋さんです。

有名店らしいのですが、オフシーズンということもあり閑散としていました。
ところが、その味たるや、全くの手抜きなし。

SDIM0552.jpg

蕎麦からは ほのかな香りがし、甘めのつゆが絶妙にからむ。
薬味は本わさび・ネギ・大根おろし。この大根おろしが つゆに良く合う。

本当は辛めのつゆが好きなのですが。。。
そして、蕎麦に大根おろしという組み合わせに疑問があったのですが。。。
非常に高いレベルでバランスが取れており、文句のつけどころがありません。

どうやったら、あんなに深い味のつゆが出来るんだろう。。。
久々に、蕎麦で満足しました。

ざる1枚700円という、観光地価格でないところも良いですね。
  
  
  
白馬には、他にも「そば神」「林檎舎」などの名店があります。
近くまで行った方、ぜひ食べてみて下さい。

長野県北安曇郡白馬村北城八方
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

奥入瀬渓流 その1

2008 年 6 月 19 日 15 : 24 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , , ,

前にmixiで書きましたが、ワタシの写真における原風景は
日光にある竜頭の滝と、ここ奥入瀬渓流です。

いつかはあのような写真を撮ってみたい。
そう思い続けて20年近く。初めて訪れたのは10年くらい前。

何の因果か、本格的に写真を始めることになり、
ここでそれなりの写真を撮れたのが1年前のことです。
  
  
そんなわけで、もう何度も訪れている場所なので、
相当良い条件でないと満足できる写真なんて撮れないと思っていたのです。

事実、2日間のうち初日は大した出来ではなく。
まあ仕方ないのかな、と思っていました。

しかし、たまたま近くの酸ヶ湯温泉に泊まったことと、
DP1で撮った画像が、なぜかISO200で撮影されていたこと、
さらに2日目に天候が崩れたため行く場所がなかったことなど、
いくつかの条件が重なり、もう一度訪れることに。
  
  
それが大正解。
温泉でゆっくり出来たのがよかったのですかね。
それとも、1日目の反省を活かすことが出来たのでしょうか。

まずは石ヶ戸の瀬 の辺りです。

SDIM5971.jpg

こんな写真を始めとして、いくつかの良作が撮れました。
  
  
「石ヶ戸の瀬」以外で今回良かったのは「阿修羅の流れ」。
あまり好きな場所ではなく、今回も良作は撮れなかったのですが、
その少し下流に流れが緩やかになる場所を見つけました。

SDIM6030.jpg

水面に映りこんだ緑が非常にキレイ。
そこへ、水が流れ込んでいきます。
  
  
SDIM6110.jpg
  
続いては、奥入瀬渓流の奥にある銚子大滝。
本流にかかる唯一の滝です。

ここも、これまでに何度も訪れ、たくさんの写真を撮っていましたので
新しい発見って無いんだろうなぁ、、、と思っていましたが、
まだまだ甘かったようです。
  
SDIM6048.jpg

SDIM6110.jpg

40.525935,140.974503
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

グダリ沼という楽園

2008 年 6 月 18 日 15 : 11 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , , , , ,

6月17日の夜。職場にて。

ばり「今から青森行くんで、ちょっと早いけど帰ります」
同僚「( ゚д゚)ポカーン」
  
  
そんなわけで、夜行バス「ラフォーレ号」に揺られること9時間半。
やってきました青森市。

青森駅前なんて、10年前に18きっぷの旅で来た以来だなー、
懐かしいなー、とか思いつつ車を借ります。

途中、道は陸奥湾沿いに出て、すごく気持ちがいい。
まず向かったのは平内町の不動滝。

SDIM5834.jpg

その後、今回の目的地・八甲田山へと向かいます。
山中とはいえ、近くを国道や県道が走っているので、アプローチはとても簡単。
借りた車が四駆だったので、軽快に坂を登っていきます。

着いた場所は田代平。
車を停めて10分くらい歩くと、レンゲツツジに囲まれた清流が現れます。

SDIM5866.jpg

名を、グダリ沼といいます。
その由来はよくわかりません。

八甲田山に積もった雪が、この辺りから湧き出ており、
沼とは言えないほどの透明な水が、大きく蛇行して流れていくのです。

水面には、バイカモ(梅花藻)という珍しい品種が自生しており、
時期になると花を咲かせるそうです。

藻自体が、あまりキレイなものではなかったので、撮影はしませんでしたが。
  
  
SDIM5891.jpg

目当てであったレンゲツツジも一部を除いて終わりかけ。
今年は本当に早いなぁ。そんなわけで、遠景でごまかす。

桜の時もそうだったけど、今年の東北の暑さは異常。
それを見込んで少し早めに訪問したのに、それ以上に花が咲くのが早かった。
今から紅葉が心配になります。

まあ、それはそれとして、青い空に清らかな水、
美しい花々に囲まれたこの土地は、楽園と呼ぶに相応しい、
すばらしい場所でした。

アプローチも簡単なので、おすすめです。

40.669702,140.954247
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

吐龍の滝

2008 年 6 月 9 日 00 : 54 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメントを書く
タグ: ,

尾白川渓谷を後にしたワタシは、清里方面へ向かう。
この日は、韮崎の旭温泉に行くことを決めていたため、
山梨県北西部から離れたくなかったのです。

尾白川の駐車場からはそれほど遠くなく、だいたい20kmくらい。
時間があったので天気を読むために清泉寮へ寄ってみる。

雨が降りそうな天気だったので展望は当然望めず。
雲も八ヶ岳の上の方、2000メートルよりも上に雲があったので
帰りに富士山五合目に寄る計画も中止。
  
  
と、いうことで、この近くにある滝へ行くことにしました。

清泉寮から5分くらい車を走らせると、吐龍の滝駐車場へ着きます。
そこから徒歩5分くらい歩き、小海線の鉄橋下を抜けると、橋があります。

滝はその少し上。奥に少し見えます。
  
SDIM5723.jpg
  
滝に近づくと、先客が4人。全員カメラマンです。
・・・そのうち一人はこの直前に行った尾白川の神蛇滝で会った、
横浜ナンバーの方でした。

偶然ですな。
    
 
まずは下流から撮影してみる。

SDIM5662.jpg
  
そして上流からも。

SDIM5705.jpg

この滝は、上からも下からも、いろんな切り取り方ができる滝です。
そして、晴れの日よりも曇り、曇りよりも雨が似合う滝です。

この日は小雨。良いコンディションです。
本当は霧が出てほしかったのですが。。。贅沢は言うまい。
  
SDIM5678.jpg

SDIM5701.jpg
  
この日の主目的は尾白川渓谷でしたが、写真的に面白いのはこっちの方ですね。
清里まで行かれることがあったら、ぜひ寄ってみてくださいー。

35.914496,138.419323
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------


Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer