DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。一部画像はデスクトップ壁紙サイズで公開しています。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

Archive for 2008 年 5 月

龍双ヶ滝 その1

2008 年 5 月 24 日 10 : 43 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , , ,

龍双ヶ滝。
福井県にある名瀑で、日本の滝百選にも選ばれています。

数年前に竹内敏信先生の写真を見て、絶対に行きたいと思っていた場所へ
ついに行くことができました。


昨日書いた綿ヶ滝を後にしたワタシは、県境を越えて福井県に入ります。
ナビの案内通り進んでいくと、途中に宝慶寺という寺がありました。

そこを越えると、、、ガードレールのない山道に入りました。
その下は崖。もしくは川。落ちたら大変なことになりそうなのですが
道幅は狭く、見通しも悪い。

最高点を過ぎて下りに入っても、状況は変わらず。
この時点で朝7時。幸い、朝早いおかげですれ違ったのは1台のみ。
危なかった。。。
  
  
しばらく川沿いを下ると、右手に突然滝が現れた。

SDIM5399.jpg

少しは歩くのかな、と思っていたんだけど、モロ車道沿い。
やっとこの滝に会えたことを嬉しく思いつつ、最初に撮ったのが上の一枚です。
いつもながら、一発目が最も出来が良い。。。好みの問題だろうけど。
  
  
SDIM5408.jpg
  
しばらく撮っていると、川まで降りられそうなことに気づく。
高さは3メートルくらいだし、足場はちゃんとあるから問題なさそう。
・・・ということで、下まで降りてみた。

SDIM5439.jpg
  
 
滝は川に直接流れ込んでおり、流れも緩やかなので滝壺はない。

道路から撮ると、どうしても木と絡めないと滝が撮れないのだが、
下からは障害物がないので滝の姿を十分に拝むことができる。

SDIM5450.jpg

SDIM5424.jpg
  
実に美しい滝です。
今のところ、安ノ滝に次ぐ美しさだと思います。


追記
再訪。SD15で撮影しましたー。

35.922142,136.424661
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

綿ヶ滝

2008 年 5 月 24 日 07 : 38 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメントを書く
タグ: , ,

この日は、金沢市内のマンガ喫茶で目を覚ましました。
いつもは車中泊なんだけど、岩手での職務質問事件が頭に残ってたのと、
1泊だけで寝袋を出すのは面倒だったので持って来ず。

しかし、、、あまり眠れなかった。。。
耳栓とアイマスクと枕は常備しているので明るさとかBGMとかは
気にならなかったけど、車の中で寝袋に入った方が快適だよ。。。

ただ、前夜に入った神代温泉が絶品だったのと、
マンガ喫茶でソフトクリームが食べ放題だったので気分は悪くない。
  
  
さて、時刻は朝の4時半。
夏至が近いこともあり、辺りはもう明るい。
雨の予報が出ていたけど、かすかに晴れています。

と、いうことで最初の目的地へ向かいます。
  
  
まずは白山市の綿ヶ滝。
日が入ってくると確実に空が白飛びすると予想していたので、
夜明け前に現地に着かないといけなかったのですが。。。

SDIM5377.jpg

やっぱり少し飛びました。
まだ太陽は昇っていませんが、空が明るすぎます。。。

できれば雨の日に来たかった。
霧なんか出たら最高でしょうに。
  
  
滝のそばにはツツジが咲いていました。
少し盛りが過ぎていますが、絡めてみる。

SDIM5390.jpg
  
  
この後は、県境を越えて福井県に入ります。
憧れの、龍双ヶ滝を撮ります。

36.340736,136.63479
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

称名滝

2008 年 5 月 23 日 17 : 31 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメントを書く
タグ: , ,

夫婦滝を足早に後にし、向かうは富山県の称名滝。
途中からバスを使わないと到達できないと思い込んでいたため、
昼食も摂らずに現地へ向かう。

立山駅まで来ると、どうやら滝の手前まで車で行けることがわかり、、、
ラッキー、と思いつつ滝への道を進みます。
  
  
称名滝の落差は約350メートル。東京タワーよりも高いです。
そして、雪解けの時期には隣に500メートルもの巨大な滝が現れます。
・・・と事前に予習していたのですが。。。

現地に行くと、思った以上にスケールの大きな場所でした。
川の両岸は崖になっており、高さは500メートルくらいあるのでしょうか。
その至る所から水が落ちている。

そうして集まった雪解け水は、

SDIM5325.jpg

こんな感じに豪快に流れていきます。
落ちたら確実に死にます。
  
  
  
しばらく歩くと滝に到達。
左が称名滝、右がハンノキ滝です。

SDIM5345.jpg

午後の光を浴びた滝には虹がかかっています。
これが撮りたくて晴れの日の午後に来たんだけど、、、空が汚い!

もっと澄んだ青空だとキレイなんだけど、なんかイマイチ。
そして、水量が多すぎるのか、近くまで寄れないからなのか、
実際の高さよりも小さく見えるのです。
  
  
虹と絡めようとしても、虹が架かるのは滝の下の方だし。
DREAM EARTH 的に、面白くない写真を量産してしまいます。
  
SDIM5349.jpg
  
  
そんな中でもこの滝の良いところを探す。
やっぱり、この滝は「豪快さ」を出すのが一番だろう。
、、、ということで、三段目の水が砕け散る様子を撮ってみた。
  
SDIM5355.jpg
  
  
しばらく写真を撮っていると、上の方から爆発音が聞こえてきた。
滝の方に目をやると、(直径何メートルかわからないけど)巨大な岩が何個も
ものすごい音を立てながら転げ落ちている。

現在進行形で浸食が進む滝。
何百年か後には全く違う姿になっていることでしょう。

36.575112,137.522886
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

夫婦滝 1

2008 年 5 月 23 日 13 : 18 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメントを書く
タグ: , ,

5月23・24日に計画していた滝めぐり。
前日に珍しく体調を崩したため、当初とは少し違う内容で実現しました。

新幹線で岐阜羽島へ移動。そこから山の方へ向かいます。
まずは郡上市の夫婦滝。ここも数年前から行きたかった滝です。

通常、滝撮影は曇りか雨の日が良いのですが、
この滝だけは、晴れの日に来たかった。
  
  
SDIM5208.jpg

車を滝の入り口に停め、先へ進むと程なくして滝にたどり着く。
雪解け水により増水した二条の滝は、夫婦滝の名の通り仲良く連れ添って落ちている。

ここは長良川の源流域だそうです。
泰澄大師が白山開踏探索の際,この滝で水垢離をされたとの言い伝えもあります。


高さは約15メートル。
ちょうど水が落ちるところに光が当たっており、
通常よりも早めのシャッタースピードでも動感が表現できます。
  
SDIM5224.jpg

いや、むしろ早めの方がいい結果かな。。。
贅沢を言えば、もう少しだけ水量が多ければ良かったのですが。。。

まあ、これでも多い方だと思うので、仕方がないとは思いますが。


次回は、立山の称名滝へ向かいます。
翌日が雨だから、どうしてもこの日に行かなくちゃ行けないのでした。。。
  
  
  
最後におまけ。

SDIM5293.jpg

SDIM5263.jpg
  

36.000125,136.889863
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

十和田湖の桜

2008 年 5 月 1 日 17 : 15 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメント数 4 
タグ: ,

小岩井農場を後にしたワタシは、八幡平の後生掛温泉へ向かう。
ここは「馬で来て足駄で帰る後生掛」と言われるくらい、その効能は
昔から知られていました。

古くからの温泉宿にも関わらず、打たせ湯とか泥湯とか
いろんな種類の温泉が楽しめます。

まあ、ひとつひとつが中途半端な気もしますが、そこは源泉の良さでカバー。
今回の旅の中では一番良かった温泉です。おすすめ。

相変わらず写真は撮ってないですが、公式サイトではこんな感じです。
http://www.goshougake.co.jp/f_bath.html
  
  
  
温泉を楽しみ、村の駅トプカイで比内地鶏の親子丼を楽しみ、
そこから十和田湖方面へ向かいます。

何度も書くように、今年の東北の桜は非常に早く
通常はこの時期に咲かないのですが、ここも例外ではないようでした。

発荷峠を過ぎると、大きな青い湖が現れます。
原生林に混じり桜がちらほら。水に映る様は美しい。
  
  
子の口方面へ車を走らせると、印象的な場所が見えてきた。
幸い、車を停められそうな場所だったので、そこから波打ち際まで近づく。

遠目に見たほど良い場所ではなかったものの、
普段あまり見ない光景に満足し撮影開始。
  
  
この日は、3日間の中でも一番天気が良く、スッキリ晴れていました。

SDIM5035.jpg

十和田湖を足早に過ぎ去り、少し遠回りして酸ヶ湯を通過し(入りたかった!)、
一気に弘前まで降り、レンタカーを返すのでした。

途中 盛岡に立ち寄り、ぴょんぴょん舎で冷麺を食し、夜行バスで帰宅。
これで今年の桜も終わりです。
  
  
今年は、いままで行きたくても諸事情で行けなかった場所や
気にはなっていたけど行かなかった場所、近くに来たついでに行った場所、
あちこちに行く事ができました。

もちろん、毎年行っていた王仁塚には行けませんでしたが、
概ね満足のできる1ヶ月でした。

来年はより良い桜が撮れる事を期待しつつ、
今年の桜撮影を終了します。
  
  
  
次回は北陸〜飛騨地方を回ります。
たぶん滝中心の撮影になると思います。

40.413692,140.871763
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

1 of 212

Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer