DREAM EARTH


美しい風景写真と旅日記。各記事の日付は、それぞれの記事に記載がある場合を除き「撮影当日」に設定しています。

Archive for 2008 年 4 月

黄色い桜と緑の桜

2008 年 4 月 30 日 15 : 51 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , , ,

SDIM4584.jpg

弘前公園の植物園には、いくつかの珍しい桜が栽培されています。

中でも、鬱金(うこん)や御衣黄(ぎょいこう)という品種は
花びらに葉緑素が混じるため、黄色や緑色に見えるのです。
  
  
冒頭に載せた黄色いのが鬱金桜。
黄色い桜というと、酒が浮かんでくるのはワタシだけでしょうか。。。

そして、これが御衣黄です。

SDIM4660.jpg

花の形、背景、いろんなことに気を遣うのだけど、
持参した70mmマクロでは撮れる範囲が限られる。

一番風の影響を受けやすい、枝の先しか撮れないのです。
そして、その範囲にちょうど良い具合の花がない。。。


これは、150mmを買え、ということか・・・??
マジでほしくなってきた。。。

ちょっと前までは、マクロなんか要らねぇと思っていたのに。。。

SDIM4644.jpg

余談はさておき、その中でも一番画になる角度を探し回る。
意外に、横顔がキレイな花でした。

桜っぽいか、と聞かれると甚だ疑問ですが。。。
  
  
  
北東北の初日はこれでおしまいです。
この後は黒石の宝温泉に入り、大館の比内やで比内地鶏の親子丼を食し、
その足で岩手県の雫石へ向かいます。

翌日は、思いもしない形で明けるのでした。。。

40.60615,140.466063
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

弘前公園の桜 その1

2008 年 4 月 30 日 10 : 38 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , , , ,

夜行高速バス「ノクターン」が弘前に着いた。
9時間もの移動は恐らく初めてだったけど、そして車泊用の枕等を
家に忘れてきたけど、案外快適な一夜だった。


ゴールデンウィーク中とはいえ、この日は平日。
学校へ向かう中高生らに混じって、弘前城方面へ向かう。

16日に開花した染井吉野は、予想通りというか当たり前というか
殆ど散っている。だけど、本丸の中の八重紅枝垂は満開。

SDIM4540.jpg
  
  
レンタカーを予約した時間まで、まだずいぶんあるので、
園内をくまなく歩いてみる。

西濠の染井吉野は、まだわずかに残っており
風が吹けば文字通りの桜吹雪。

四の丸まで行くと、遅めの花見を楽しむ方々が。
弘前公園は本丸以外は24時間入場可能、飲食物持ち込み可能、
ライトアップも23時までと、朝から夜中まで宴会が途切れる事がないのです。
  
  
一応、外堀のまわりも一周してみる。

本当は、散った桜が堀に積もる様子を撮りたかったのですが。。。
やっぱり来年もここに来なければいけないようです。


弘前公園の染井吉野は、樹齢が100年以上とほぼ寿命に近いのですが、
保存状態も良く、年季の入った幹を間近に観る事ができます。

そんな木々がつくる桜のトンネルは非常に見応えがあり、乱暴な言い方ですが
日本人であれば 死ぬまでに一回は見ておいた方がいいと思うくらいの光景です。

開花がゴールデンウィークと重なるため、満開時はものすごい人出ですが、
早朝なんかは人も少なく、落ち着いて桜を眺める事ができますよ。

良い温泉も近くにたくさんありますし、おすすめ度ナンバーワンです。

40.607534,140.464754
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

花見山公園の桜 その1

2008 年 4 月 18 日 12 : 30 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , ,

SDIM4371.jpg

福島県を代表する桜の名所、花見山公園は
福島市街からそれほど離れていない場所にあります。

公園とは言いながら、実は私有地との事。
所有者の善意により公開されているそうです。

マナーの良い人ばかりではないでしょうに。
大変ですね。
  
  
SDIM4328.jpg

この時期はちょうど散り際。
地面には散った花びらが一面に広がっています。

朝早く入ったおかげで、誰にも荒らされていない花の絨毯を
ゆっくり撮影しました。
  
  
SDIM4350.jpg

ここのところ定番となりつつある、マクロでも撮ってみる。
雫が落ちる度に枝が揺れ、傘が当たり枝が揺れ。。。
  
  
  
さて、ここには雨で霞んだ山と桜を絡めたくて来たのですが、
なかなか理想の風景に出会えない。ついに、そのまま下山してしまいました。

どうしよう、と思っていたら、、、ありました。
観光客用ルート(主に団体が通る)から少し離れたところに。。。

入って良いのか?という気もしたけど、
奥に茶屋があるので大丈夫なのだろう。
  
  
SDIM4410.jpg

だいたい撮りたいモノは撮れたので、
温泉とかラーメンとか、そっちの方で旅を締めくくる事にする。

残念ながら微温湯温泉(ぬるゆおんせん、で一発変換できた!さすがATOK)
には入れなかったけど、この旅三度目の月光温泉で体を癒し、
正月屋の塩ラーメンで心を癒し、バタバタしながらも帰途に就いたとさ。

あ!あと、春木屋のワンタン麺と仁亭のトンカツもすごく美味かった!!
郡山最高!!!
  
  
  
次回は、4月27日夜に盛岡へ発ち、
28日朝に小岩井農場で撮影をした後、その足で都内に戻り
こっちの仕事をします。

その後も青森3日間が控えている状況。
都内ではもう1ヶ月も前に咲いた桜が、北の方ではまだ咲いています。

こっちの方々には時期はずれの話題なのかも知れませんが、
1ヶ月も桜を観られるのは幸せなことなのだと思います。

37.7377,140.497541
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

奥十鋼橋の桜 その1

2008 年 4 月 18 日 07 : 25 カテゴリ:SD14, 風景写真 コメントを書く
タグ: , , , , ,

SDIM4247.jpg

福島ツアー最終日。
前の晩、2度目の月光温泉に入った後、郡山から福島へ移動してきました。

桜の開花自体は、郡山より福島の方が早いのですが、
既に見頃を過ぎている可能性があるにも関わらず、
こちらを後に回したのには理由がある。

この日は朝から天気が崩れるため、山あいに霧がかかることを期待したのです。
目的地は、花見山公園。
  
  
  
その前に、行ってみたかった場所へ行ってみる。
市街地から少し離れた飯坂温泉に、川のほとりに咲く桜があるとの事で
そこへ向かいます。

冒頭に掲げた写真がそこなのですが、、、
撮影場所は飯坂温泉の奥十鋼橋です。
うん、散りかかっていますね。。。

しかし、ロケーションは抜群。
水と桜の組み合わせは画になります。
  
  
画面ではわかりにくいですが、時折強めの風と雨が体に当たります。
それはそれで構わないのですが、枝が揺れる。。。

風が止まった瞬間にシャッターを押す。
しかし、水流の関係で1秒開けているのであまり意味がない。
  
  
待って、待って、待って、さらに待って
やっと撮った一枚。

次に来るときは、満開の時にしよう。
そして、もう少し早い時間に来よう。。。

37.842241,140.439498
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

月光温泉大浴場 その1

2008 年 4 月 17 日 23 : 21 カテゴリ:温泉 コメントを書く
タグ: ,

前回の彦根の時には、どことは言いませんが良い温泉にめぐり会えませんでした。
それだけに今回の福島には期待していました。
  
  
初日は夜桜を撮っていたため、郡山で夕食を摂ったのが22時くらい。
その時間に開いている温泉は限られてくるのですが、、、

ありました。
郡山市内に、「月光温泉大浴場」という共同浴場というか銭湯があり、
24時まで開いているとの事。

早速行ってみることに。
  
  
そして着いたのは、、、
昭和にタイムスリップしたような、場末感の漂う建物。
中に入ると、靴箱(木製)の鍵が全て使用できなくなっている。

愛想が良いとは言えない受付に350円を支払い、男湯へ向かう。
引き戸を開けると、(部活動の)部室のようなロッカーが並んでいるが、
錆の混じった扉のうち幾つかは壊れており、外れている。
  
  
お も し ろ い !!

かと言って、決して不潔なわけではなく、
設備は古いが、清掃は実に丁寧になされているのです。
  
  
さて、肝心のお湯なんですがね、、、これがまた良いんですわ。
大浴場とは名ばかりで、7人くらい入ったら一杯になるくらいの浴槽に
これでもかというくらい大量の源泉が投入されています。

浴槽からはお湯がドバドバ溢れている。
それを観るだけで、また、その音を聴くだけで癒されます。
  
  
ワタシは温めのお湯が好きで、熱いお湯って正直苦手なのです。
で、ここのお湯は草津温泉並に熱い。10秒と入っていられない。

しかし、その10秒の間に、体がこのお湯を気に入ってくれたのです。
泉質で言えば、これまで入った温泉の中でもかなり上位に入ります。
  
  
他に人がいないことを良いことに、床に寝転がり、全身でお湯を浴びてみる。
体の一部しかお湯に触れないので、熱いお湯にはこれがちょうどいいのです。
  
  
一般ウケはしないのかもしれませんが、
お湯一本で勝負できる温泉。

結局、この3日間で毎日通いました。
  
  
こんな良いものが街の片隅にある。
郡山はステキなところです。

37.351132,140.357144
   左下のGoogleロゴをクリックするとより大きな画面で地図を参照できます


     --------------------------------------------------------------------------------------------------

1 of 3123

Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer